英語を社内公用語にする会社について

"私が会社勤めをしていた頃と今とではだいぶ状況が異なっています。
海外との取引の為に英語を話せる人材を増やすというのは悪い試みでは
ない様な気がします。
ただ、本当に英語だけを熱心にやっても意味はないと思ってしまうのが
本音です。
もっと別の部分にも力を入れていくべきで、むしろ英語以外の事の方が最優先事項なのではないでしょうか。
大手企業が、グローバル化に向けてこれからも次々に英語を社内公用語にしていくのだと思います。
英語を話せる様になるには、無理やり勉強をやらせても意味がありません。自分の意志で、好きだからこそ英語を話すのも上手くなるのではありませんか。
英語だけが上手い社員が優遇される様な会社が果たして、沢山の利益を生み出せるのでしょうか。甚だ疑問です。
もっともっと視野を広くしていく事が大事ではないでしょうか。
そうすれば、日本経済も豊かになっていくと思います。
少々辛口になってしまいましたが、全て本音の意見です。勿論、個人的な考えです。"