資格の勉強は子供のうちから

"こんにちは。みなさんは、資格取得は大学に入ってからなどのイメージはありませんか。一般的にいうと資格は就職の強みになります。しかし、語学の資格などは大学に入ってからでは少し遅いのです。
私は、子供の頃から英語を勉強していて、小学生から中学生にかけて、様々な英語の資格を取得しました。もちろんそれらは就職の時に多いに強みになったのですが、やはりその資格を習得できたのは、まだ頭が柔らかい子供の頃からの積み重ねにあるのではないかと思います。
積み重ねが必要な資格はもちろん、語学の仕事だけではありません。たとえばお医者さんになりたいと思っているのならもちろん医学部に入らなければなりません。最終的には医学部に入るのも国家資格を取得することが目的です。そうなると、やはり、小さい頃から高度な教育が必要になるので、それなりの訓練が必要です。
資格は就職に役立つというイメージから就職前に資格を慌ててとるのではなく、積み重ねが大事なのだと私は思います。"