聞きづらい音

英語のヒアリングで、日本人には聞きづらい音というのがいくつかあります。

私たちの耳は、大人になると、もう日本語を聞くようにできあがってしまっているわけですから、英語を含む外国語を聞いたとき、その音を、自分の知っている日本語の音として聞こうとします。

よく知られている例が、LとRですね。

日本語だと、「ら行」の音に近いLとRの音は、どうしても同じように聞こえてきます。

また、S (sing) の音とTH (thing) の音も「し」と聞こえてくるでしょう。

これら、類似の音を聞き分けるには、LならL、RならRの音に合わせて、自分で正しい舌の位置、口の形を作り、正しく発音できるようになることが有効です。

また、実際ははっきりと区別して聞くことができなくても、スペリング(綴り)を文字として記憶していれば、あ、おそらくこの単語だな、ということが予測がつきます。

また、 collect(集める) correct(修正する)のようにLとRの部分しか変化がなくて区別がつきにくい場合は、文脈から、集めるなのか、修正するなのかを予測することもできます。

ヒアリングの大事なところは、1つ1つの音をいかに正確に聞くか、よりは、いかに内容を把握するか、にあるので、残念ながら聞き分けられなかったとしても、よく似た単語同士のペアの訳を覚えておくと文脈は理解できる可能性が高いでしょう。