ヒアリングとディクテーション

英語の学習方法で、ディクテーションという方法をご存知でしょうか?

一言でいうと、「書き取り」です。

読まれている英文や、話されている英会話を書き取る練習方法です。

ヒアリングの能力向上にとても役立ちます。

ヒアリング集中力をつける第一歩として、穴あき問題をご紹介しましたが、その次に行ってほしいのが、このディクテーションです。

穴あき問題で使ってみた教材をそのまま、ディクテーションに生かすのもよいでしょう。

ヒアリングした英文を、今度は穴あきの部分だけでなく、全て書き取るのです!

これはなかなか、タフな作業です。

まず、例えば最初のうちは5語程度の英文で試すとよいですね。

おそらく最初のうち、つまづくのは

・5語全てが聞き取れずに、ある単語で止まってしまう。

・音としては聞こえるけれど、知らない単語があった。

という問題でしょう。

次に、全部聞き取れたとして、

・書いているうちに記憶から消えてしまい、書ききれなかった

というケースがあります。

この場合は一旦聞き取れたわけですから、記憶を辿りながら、作文するつもりで、間違うかもしれなくとも書ききってみてください。

次第に、同じ程度の語数の文章は書き取れるようになり、

より長い文章でもチャレンジできるようになります。

この練習を繰り返すと、集中してヒアリングができるようになります。