日常英会話でのヒアリング

ヒアリングの練習のための教材は、一般的に平叙文が多く見られます。

ただ、普段の会話(日常英会話)で必要なのは、実は疑問文です。

平叙文は I like a chocolate. に代表される、. (ピリオド)で終わる文。

疑問文は Do you like a chocolate? のように ?(クエスチョンマーク)で終わる文です。

日常英会話は、疑問文のやりとりで成立しています。誰かが平叙文を話し続けるとしたら、それはむしろ会話ではなくてスピーチに近いものです。

話者Aが疑問文を発し、話者Bがそれに答える。もしくは逆を行うことが会話の基本です。

この疑問文には、大きく分けて2つの構成があります。

Yes / No クエスチョンと、 そうでないものです。

前者は、相手の疑問に対して、YesかNoかで答えられるもの。

例文で出てきた、Do you like a chocolate? もこれにあたります。

後者は、YesかNoでは答えらないもの、すなわち、

What do you like? のような疑問文です。

何が好きかの内容を答えねばなりませんね。

どちらのタイプの疑問文かを聞くには、相手の話し始めが肝心。

しっかり集中力して聞きましょう。

疑問文の構成を理解して、自分でも話せるようになっていると、なおヒアリングが易しくなります。